ペニス増大に睡眠は重要!?質の良い睡眠を取るにはどうすれば?

「長時間寝たはずなの、寝起きがすっきりしない」
「なかなか寝付けなくて、結局遅くまでスマホを見てしまって寝不足だ
といった睡眠に関する悩みを抱えている方は非常に多いです。

質の悪い睡眠は、体調や頭の回転だけでなく、ペニスの増大にも悪影響です。

ペニスの増大法を行っていても、しっかりとした睡眠を取らないと、十分に効果が発揮されません。

そこで、この記事では下記2つに、焦点を当ててご紹介します。

  • ペニスの増大と睡眠の関係
  • 質が良い睡眠を取る方法

是非皆さんも実践して、効率良くペニス増大を目指しましょう。

ペニス増大と睡眠はどんな関係がある?

睡眠不足はペニス増大の大敵です。

ではペニス増大と睡眠には、一体どんな関係があるのでしょうか。

睡眠不足はペニスに3つの悪影響を及ぼします。

★睡眠不足の3つの悪影響★

  1. 体調不全
  2. 男性ホルモンの分泌不足
  3. 成長ホルモンの分泌不足

1. 体調不全

そもそも睡眠の質が悪かったり、睡眠時間が足りないと、心身ともにしっかりと疲れが取れません。

勃起を支える筋肉の働きや、血流も悪くなるため、うまく勃起できなくなります

睡眠不足で体調が悪いときのセックスは、なかなか上手く行かないのも頷けますよね。

2. 男性ホルモンの分泌不足

ペニス増大には、海綿体に多くの血液が流し込むことが大切です。
そしてペニスにたくさんの血を送るには、何回も勃起を行わなければなりません。

勃起には、「テストステロン」という男性ホルモンが関わっており、テストステロンは寝ている間に多く分泌されています。

睡眠不足で男性ホルモンが十分に分泌されないと、勃起に支障が出てしまうのです。

3. 成長ホルモンの分泌不足

成長ホルモンの分泌が最も活発になる、22時~2時までの間をゴールデンタイムと呼びます。

成長期の子供たちは、この時間帯には寝ておいたほうが良いと言われていますが、これは子供だけに限りません。

大人になっても成長ホルモンは必要です。

成長ホルモンは細胞の新陳代謝を活発化させる働きがあり、ペニス増大には細胞が活性化は欠かせません。

したがって成長ホルモンが分泌不足すると、ペニスの増大が妨げられてしまうのです。

「質が良い睡眠」ってなに?

質が良い睡眠」という言葉はよく耳にしますが、具体的に一体どんな睡眠のことなのでしょうか。

質の良い睡眠とは、ずばり「途中で目が覚めることがなく、安定している睡眠です

質の良い睡眠をした朝は、すっきりと気持ちよく目覚めます。

起きてから日中に活動をしている時も、心身ともに良い状態で過ごすことができます。

そして、次の夜の睡眠も素早く寝付くことが出来るのです。

身体の状態をフルパワーで保つには、睡眠時間だけでなく、質の良い睡眠も重要だということがお分かりいただけたと思います。

質の良い睡眠をとる3つの方法

それでは、質の良い睡眠を取る方法とは何でしょうか?

良質な睡眠のためにできることをご紹介していきましょう。

★質の良い睡眠をとる3つの方法★

①生活習慣の改善
②寝具や衣類を変えてみる
③目覚めを良くする

①生活習慣の改善

まずは「生活習慣の改善」です。

生活習慣の改善とは様々なありますが、5つに分けて紹介します。

★気を付けるべき5つの生活習慣★

  1. 食事のタイミング
  2. 飲酒・カフェインの摂取を避ける
  3. 湯舟につかる
  4. 軽く運動をする
  5. スマホを見ない

I. 食事のタイミング

夕食は、寝る3時間前までにとるようにしましょう。

仕事で遅く帰る場合、食べてからすぐ寝てしまうケースがありますが、胃腸をしっかりと休めてから寝る方が、睡眠の質が高くなります。

II. 飲酒・カフェインの摂取を避ける

飲酒やカフェインの摂取もほどほどにしておきましょう。

カフェインには覚醒作用があり、その分解には5時間ほどかかると言われています。

したがって睡眠の質を高めるためにも、カフェインを毎日大量にとっているという方は量を控えましょう

アルコール覚醒作用がありますので、寝る前は量を控えめにするのがおすすめです。

III. 湯舟につかる

入浴はシャワーだけで済ませる方も多いですが、しっかりと湯船につかるのがポイントです。

40度程度のお湯にゆっくりと時間をかけて入ると、体が温まり、リラックス効果も得られます。

身体を温めることで寝付きが良くなり、より深い睡眠が出来ます。

IV. 軽く運動をする

就寝前には軽くストレッチを行うのがおすすめです。

ストレッチを行うことによって血液の循環が良くなり、身体が軽くなった状態で眠りにつくことができます。

激しい運動を行う必要はありません。

ヨガやピラティスのような気軽にできる運動を、毎日少しずつでも行うことが効果的です。

V. スマホを見ない

寝る前に布団の中でスマホを見てしまうという方も多いのではないでしょうか。

スマホから出ているブルーライトは、寝付きが悪化させ睡眠の質を低下させます。

できるだけスマホは寝室に持ち込まないようにしましょう。

②寝具や衣類を変えてみる

「しっかりと寝ているはずなのに、寝起きはすっきりとしない」
という方は、一度寝具や衣類を見直してみると睡眠の質が高まるかもしれません。

寝具の重要性は見落とされがちです。
枕を変えただけで、睡眠の質が改善したケースもあるので、一度見直してみる価値はあります。

●衣類について

パジャマは、ゆったりとして締め付けがないものを選びましょう。

ただし、あまりにゆとりが有りすぎると、寝返りを打った際などに、締め付けられる恐れがあります。

大きすぎず、苦しくないサイズがおすすめです。

●寝具について

寝具はフィット感と寝心地が大事です。

例えば低反発マットレスを使用したり、季節に合わせて使い分けるのも良いでしょう。

「寝具が重くて蹴とばしている」
「寒くて丸まって寝ている」
など、知らず知らずのうちにストレスを抱えて寝ているケースも多いです。

そして案外気づいていないのが枕の重要性

枕は高すぎても低すぎてもダメ。横になった時に、首が水平になる高さの枕を選びましょう。

現在では、身体に合わせた枕を販売しているお店も増えています。

自分に合わせた特注枕を、旅行先にまで持っていくという人もいるほどです。

興味がある方は、一度足を運んでみてもいいかもしれませんね。

③目覚めを良くする

睡眠といえば、寝る前のことばかりに気を取られがちですが、目覚めるときも重要です。

目覚めるポイントを一定化すると、決まった時間に眠くなるようになります。

そうして規則正しい睡眠を行うことで、質が良い睡眠につながります。

目覚める時のコツは3点ご紹介します。

  1. 毎日同じ時間に起きる
  2. 起きたらすぐに太陽の光を浴びる
  3. 朝ごはんを食べる

i. 毎日同じ時間に起きる

まずは、「毎日同じ時間に起きる」ということです。

平日は同じ時間に起きていても、仕事が休みになった途端、お昼まで寝ているという方もいるでしょう。

そうなると、その日の夜寝るのが遅くなり、生活リズムが崩れてしまいます

そのため、休みの日でも平日と同じ時間に起きるように心がけましょう。

ii. 起きたらすぐに太陽の光を浴びる

起きたらすぐに太陽の光を浴びるのも寝覚めを良くするのに重要です。

体を覚醒させるホルモンであるセロトニンには日光が必要だと言われています。

目が覚めるとカーテンを開けて、しっかりと日の光を浴びましょう。

天気が悪いという時でも、照明よりも日の光の方が強いです。

起きたらカーテンを開ける」、これを毎日の習慣として心がけて下さい。

iii. 朝ごはんを食べる

最後は毎朝欠かさず朝ごはんを食べるということです。

当然のように感じますが、「時間がない」「食欲がない」という理由で朝食を抜いてはいませんか?

脳は栄養を上げないと、ちゃんと起きてくれません。

しっかりと朝食を取ることによって、脳に栄養がいきわたり、脳みそも覚醒します

食欲がなくても、少なくとも何か食べるようにしましょう。

睡眠の質を高めて効率良くペニス増大!

ペニスの増大には、睡眠の質が大きく関わっています。

質の良い睡眠を取らないと、ペニス増大に下記のような悪影響を及ぼします。

★睡眠不足の3つの悪影響★

  1. 体調不全
  2. 男性ホルモンの分泌不足
  3. 成長ホルモンの分泌不足

逆に言えば、睡眠の質を高めることで、ペニス増大の効率は上がります。

睡眠の質を高めるには3つの方法がありましたね。

★質の良い睡眠をとる3つの方法★

①生活習慣の改善
②寝具や衣類を変えてみる
③目覚めを良くする

ぜひこの記事でご紹介した方法を試し、規則正しく増大を目指しましょう。